FC2ブログ

ボルクス ウイング

ウイング
ボルクスより薄型LED照明が先月発売されました。
スマートフォンによる制御。

今まで薄型LEDの能力不足を考えて購入を控えていたのです。
LED照明がいろいろと発売されているのですが、
スペックの高いLED照明は価格が高く、
安価な商LED照明ではサンゴには向かないものが多かったです。
実績のあるボルクスジャパンが2〜3万円台で出してきた事。
使ってみるかとなったのです。
今までメタハラで飼育していたサンゴ達がどのように変わるのだろうか。

デジタル比重、塩分濃度計

Gravimeter MS-31
Gravimeter MS-31

連続測定可能、自動温度補正
光と音で測定完了をお知らせ。
ワンタッチで素早い計測が出来ます。
水槽の多い店舗では助かりますね
海水魚飼育には海水の比重は重要です。
確実な数値を計測ください。
詳しくはHPにて掲載しています。
海水についてHP

バッテリー内蔵エアーポンプ

エアーポンプ
OXY-2800、OXY-1400

コトブキから充電式エアポンプが発売されました。
2800はダブル排出口があり、1400はシングル。
USBでの充電も出来ます。
エアーの強さはまあまあかな。
通常は家庭用電源で使い、
停電時にはバッテリーでの運転が出来る。
少し使ってみて販売を考えたいと思います。
採集される方には便利かもしれませんね。
車のシガーライターで使う事が出来る。
その場合ではシガーライター用のUSB電源を用意する必要があります。
エンジン切ってもバッテリーで動くのは便利。
しかも防水

海水魚フード栄養強化

魚達は自然の海で自分の好むエサを探して食べています。
水槽では人間が与えるエサしか食べられない。
魚達の健康を考え、与えるエサのクオリティーも重要だと思うのです。
今回は人工飼料の栄養強化をご提案いたします。
一般的な乾燥飼料や冷凍フードなどは不足してしまう栄養があります。
それを補う為の商品です。

バイオビタミン
海洋生物のための強化ビタミン剤

海水魚にとってビタミン不足は、人間と同様、様々な病気の原因となります。海水魚や、サンゴなどの無脊椎動物は、餌からビタミンを摂取していますが、同様に水中からも直接摂取しています。バイオビタミンはどちらの摂取にも対応します。従来品と違い、海藻から抽出されたミネラル成分でさらに強化されていますので、必要な全てのビタミンを効果的に供給することが出来ます。
(メーカーHPより)

オメガ3サプリ
海水魚の脂質不足を解消する餌の栄養強化剤

脂質は本来海中の食物源には存在しますが、乾燥餌や生き餌であっても不足しがちな成分です。脂質不足は様々な病気の原因となります。特にHLLEと呼ばれる魚の頭部などに小さな凹みがいくつもできる症状などは代表的な例です。オメガ3サプリは必須海洋性脂質とビタミン群を含み、DHA、EPAなどのオメガ3脂肪酸も供給することで、魚の健康的な成長をサポートします。
(メーカーHPより)


バイオビタミン、オメガ3サプリ双方は人工飼料に散布し、
少し浸透させてから与えるとよいでしょう。
各メーカーのコンセプトにより与えるべきエサも変わります。
メガバイトは水分を含むとバラバラになるので添加後は早めに与えた方が良い。
シュアーは多孔質になっており、水分を含むとふくらんで柔らかくなる。
比較的シュアーが使いやすい。
ホワイトシュリンプなどは汽水のイサザアミでDHA&EPAを含んでおらず、
タツノオトシゴなどに与えても成長しづらい。
淡水魚ではそこまで必要ではないDHA&EPA、海水魚には必須なのです。
1週間を考えて交互に与えるなどエサを変え、魚種を選んでチョイスするとよいでしょう。
生きているエビなどにも与える事により、
カエルアンコウやカサゴ類へバイオビタミン、オメガ3サプリの栄養を与える事が出来ます。
魚達を元気にする為にバイオビタミン、オメガ3サプリは当店でも使用しています。

昨今、人もサプリメントを接種する。
魚達へも栄養を考えたいと思っています。

サンゴの餌

今回株式会社MMC企画よりサンゴやイソギンチャク用のタブレットフードが販売されました。

LPSコーラルペレット
LPSコーラルペレット

アネモネペレット
アネモネペレット

自然ではサンゴやイソギンチャク達は環境にあった水深、フィールドに住んでいる。
環境があわなければ死んでしまうのです。
サンゴ、イソギンチャクの仲間には光合成による栄養を自ら作り出す種も多いのだが、
基本的にほとんどすべてプランクトンや海水に含まれている栄養分を取り入れている。
なので、水槽飼育では餌を考えなければならないのです。
種にあわせた餌を与えてください。
今回発売されたフードはペレット状になっていて確実に与えやすい。
また、それにより水も汚しにくいと考えます。
本当は海水の中に含まれる栄養素を生物達が海水と同時に吸収する事も必要。
なので、水槽の環境や生物の種類でチョイスしてみてはいかがでしょうか。
現在、当店での考えの中でこの2種をチョイスしています。
他社との比較などでその様になりました。

ついでに、小型水槽用のプロテインスキマーが発売されました。
オルカスキマーミニット2

オルカスキマー

60cm水槽用です。
以前のオルカスキマーは水流効率が悪く、
今回はだいぶ改善されました。
60cm水槽までの水槽だったら水換えした方が良いとも思う。
でも、メンテナンス間のクオリティーを考え、取り付ける事は良い事です。
ウッドストーンは2週間で交換・・・
オルカスキマーミニット2は河童より取り外ししやすく、効率も良いかな。
少し吸い込みが早いきもするけど。

名前にメーカーHPをリンクしています。

Pagination

Utility

プロフィール

kazika1997

Author:kazika1997
Fish Society Club KAZIKA
入荷案内等情報ページ
kazikaスタッフのブログ
写真の転用はご遠慮ください。

ショップリンク

月別アーカイブ