FC2ブログ

沖縄感想文

  • 2012/06/04 21:38
  • Category: 沖縄
先月行った沖縄の感想文をエントリーします。
あくまで僕、石川の沖縄体験感想文としてとらえて頂ければと思います。

一日目は市街地にほど近い海で、生活排水がどんどん流れ込んでくる海でした。
実際エントリーしたのは排水路の海への出口脇から。
とにかく汚いし、視界が悪い。でも僕が入った時はまだ良い方との事でした。
いざ海へ入ってみると、驚くほどに多くの種類の生き物達が棲息していました。
ミドリイシ、ナガレハナ、トサカ、ウミキノコ、サボテングサ、ホヤ、スポンジ、貝類、
もちろん魚も豊富。狭い範囲の内の事です。
僕のイメージでは、真っ青に透き通ったきれいな海に豊富な生物がいるんだと勝手に思い込んでいましたが、あっさりひっくり返りました。
生活排水等で高い栄養分がありながら、一方通行的な潮の流れで、堆積したり酸化したりするよりもどんどんと沖へと流れていってしまう様で、恐らく水槽で言うならば綺麗な水にサンゴフードを撒いた直後の様な状態がずっと続いているようなものなのでしょう。
一日目の海で見た事は、1つの水槽内で色々な生き物を飼育する為の、大きなヒントになりました。
ちなみにここの水はとても苦かったです。

二日目は打って変わってとても綺麗な海。漁師さんに沖合まで船で連れて行って貰いました。しかもウェットスーツまで用意していただきました。全然寒くありません。漁師さんに心より感謝します。
ここではリーフの内側と外側を体験出来ました。内側では砂地に点在する岩にイソギンチャクが点在し、切れ込みにチョウチョウやハギやベラなどの魚、腹ばいになりそうな浅瀬にクビアカハゼなどを見る事が出来ました。
外側は内側より水も澄んでいて、砂地など殆どなく、ゴツゴツとした大きな岩が高低差を作っていました。僕が生まれ育った伊豆の海のちょっと沖にでた雰囲気に近い感じでしたが、伊豆の海の岩は藻類に覆われていました。ここはそういう様子もあまり無く、綺麗な岩肌でした。
とてもきれいな海でしたが、一日目の海と比べると、生物の豊富さと言う点では完敗です。綺麗な分生物が生きて行く為に必要な有機物も少ないという事なのでしょうか。ここの海での様子を水槽内で模倣すれば、苔の少ない綺麗な水槽が出来るのかもしれません。
ここの海水はかなり塩辛い味がしました。

三日目はキューブインターナショナルの安倍さんと東シナ海側の海へ。
雨上がりの後で多少の濁りは有りましたがそれほど視界が悪いわけでも無く、きちんと観察する事が出来ました。
ここの海は二日目に訪れたポイントのうちの一つに似ていましたが、太平洋側と東シナ海側の違いでしょうか、地形の違いで雨水が川から流れて来る影響でしょうか、若干違った印象を受けました。ここでは、ウミアザミの大きな群体や、群れで藻類をガツガツつつくハギなどを観察出来ました。
ぐるりと一周した後、海から一度上がり、安倍さんの仕事を見学させて頂きました。干潟に出来上がった洞窟にベニハゼが居たとの事で、僕も見ようとして何度も潜ったのですが、結局見る事が出来ませんでした。残念ですがここで引き上げとなりました。ここの海水は甘辛い味がしました。

沖縄での三日間でみた事、体験した事の多くが海水魚ショップの店員として応用できるかと思います。これらの事をお客様にフィードバック出来ればと考えています。


石川

Pagination

Utility

プロフィール

kazika1997

Author:kazika1997
Fish Society Club KAZIKA
入荷案内等情報ページ
kazikaスタッフのブログ
写真の転用はご遠慮ください。

ショップリンク

月別アーカイブ